コラム

【LoR】ビギナー用ガイド:勝つためのロジカルシンキング

コラム

今回はLegends of Runeterraを始めたばかりの初心者用に、勝率を上げるためのノウハウを示すページになります。

海外のマスターランク上位プレイヤーがTwich配信などで提唱している、いわゆる”勝利論“とは?
彼らのロジックをまとめてみました


「そもそもLoRってどんなゲーム?」という方には、以下の記事を推奨します。


スポンサーリンク

ユニット数は正義

多くのユニット数を持つ時

ユニット固有の能力を度外視した場合、基本的に盤面に設置されたユニット数が多いほど有利です。

1|1の子蜘蛛ですら、相手の遥かに強力なアタッカーをブロック出来ますからね。
ネクサスダメージで決着のつくこのゲームにおいて、ユニット数は大正義です。


では少しでもユニット数を多く保つためには、どのような思考を持つべきでしょうか?

相手をキルし、自分はキルされない立ち回り

こちらのブロッカーだけがキルされる時

上記のようなブロックは過ちのひとつです。
相手のアタッカーは生き残り、こちらのユニットだけがキルされてしまうからです。

こういう場合は割り切ってネクサスダメージを受け、ユニットを温存することが求められます。

ブロッカーが生き残り、相手のアタッカーがキルされる時

逆に上記は、好ましいブロック例になります。

相手のポロをキルし、コチラのユニットは生き残ります。

守るべきユニット/守るべきでないユニット

ブロッカーがキルされてしまう時

上記から相手が、攻撃力のバフスペルを発動しました。

このままだと、ブロックにあてたユニットがキルされてしまいます。

リポスト

手札には「リポスト」があるため、バリア効果で守ることは可能です。

しかしこのユニット、スペルを発動してまで、守るべきユニットなのでしょうか?

ブライトスティールの守護兵

「ブライトスティールの守護兵」はプレイ時にこそ強い効果を発動しますが、場に出たあとは特段の能力を持ちません。

よって”ユニット数は正義“ではあるものの、ここではスペルを使用してまで残したいユニットではない、と考えるべきです。

グリーングレイドの世話人

逆にチャンピオンや「グリーングレイドの世話人」のような、強い特殊能力を持ったユニットは守るに値すると言えるでしょう。


しかし手札にユニットカードが一枚も無い時や、その後に続くコンボに必要不可欠な場合は、その限りではありません。

一見して使い道のない1|1のユニットでも、スペルで保護すべき場面は生まれてくるでしょう。


逆に考えると、相手が不可解なユニット保護を行った時には、その後に続くなんらかの奇策がある、と見るべきです。

このあたりは、読み合いの領域に入っていきます。

突出したユニット強化は諸刃の剣

奮い立つ力/高揚

上記のようなスペルで、チャンピオンや強い能力を持ったユニットを集中して強化していくのは強力な手段です。

うまくブロッカーを避ければ、一撃でネクサスに20ダメージ以上を与えることも可能になるでしょう。

収監/復讐

しかしLoRには無条件で相手ユニットを無力化出来るスペルが多々存在するため、1ユニットだけを突出して強化し続けると、カウンターを受けた時に敗北が濃色になってしまいます。


強靭なチャンピオンで蹂躙したいのはやまやまですが、結果的にバフは満遍なく散らした方が保険をかけることになるでしょう。

強いユニットをキルされないために

ジンクスを召喚したい時

低コストのチャンピオンカードを場に出した瞬間、「ミスティックショット」や「復讐の黒槍」でいつも排除されていませんか?

ジンクスを召喚前に、バフスペルは用意出来ているか?

強いユニットカードを出す前には、常にこうした思考が必要です。

強い能力を持つユニット召喚時の鉄則
  • ユニット召喚後も、バフスペルと発動猶予マナがある
  • 仮にユニットをキルされても、リカバリーの手段が用意されている

こうした条件を満たした時に、ようやくチャンピオンや強ユニットは安心して召喚出来ます。


もちろん「復讐」や、フルマナの「サーモジェニックビーム」は、いくらバフスペルを積んでも耐え切れません。


しかし前段では序盤のマナジェムが溜まりきっていない時間帯であるため、これらを警戒する意味は無いです。


逆に言うと、低コストチャンピオンを使用しているのに体力増強が出来ない場合、そもそもデッキの構成が誤っていると考えるべきです。

強いユニットをキルするために

相手のマナが豊富な時:ミスティックショットを打つべきか?

上記のような場面では「ゼド」の影分身能力を恐れるあまり、ついつい先走って「ミスティックショット」を打ちたくなるものです。


しかし前段で示した理論を相手が理解している場合、果たしてこの場面でダメージスペルを発動するのは正しいのでしょうか?

相手の強力なユニットにスペル発動時の鉄則
  • カウンタースペルで防がれるマナ or 手札が相手に無い
  • スペルを防がれても、リカバリーする手段がある

よって、よほどネクサスダメージが累積して危険な場合や、こちらのダメージスペル発動条件から外れる場合を除き、基本的にスペル発動はターンエンドに近いほど有利です。


上記だと「ゼド」のアタック能力で「影分身」を召喚されてしまったとしても、交戦が終わって保有マナが減少した時を狙う方が有利に働きます。

相手のスペルを読む

スペルカードの存在はLoRの対戦において大部分を占めており、必然的にこれらの発動を前もって読むことが勝利のカギとなります。


ここでは各地域ごとに、鉄板で用意されている危険なスペルリストを紹介していきます。

これらの効果とマナコストを記憶しておくだけでも、立ち回りが大きく変わります。

シャドウアイル

シャドウアイルの刻印
復讐の黒槍

シャドウアイルの刻印

復讐の黒槍


復讐
破滅

復讐

破滅

暗黒の刻
闇の収穫

暗黒の刻

闇の収穫(断つ者ラーサ)


傾向としてシャドウアイルには、警戒すべきスペルが多いです。


たった1マナで+3|+3の驚異的なバフを盛る「シャドウアイルの刻印」は、子蜘蛛などの捨てキャラに使用されることが多いです。

奇妙なアタックにはたいていこのスペルが潜んでいるため、ブロッカーに大事なユニットをあてないように注意しましょう。


また「破滅」➡「暗黒の刻」の2ターンコンボは、たったそれだけでゲームエンドも見える強力な連携です。

マナも手札も豊富なのに、なにもプレイしない“状態が、「破滅」を狙っている兆候になります。

こちらがマナを使い切るとコンボが確定してしまうため、怪しい気配を察したらパスを駆使しましょう。

フレヨルド

脆い鋼
フラッシュフリーズ

脆い鋼

フラッシュフリーズ


吹き荒ぶ風

吹き荒ぶ風


フレヨルドがデッキに組み込まれている場合、上記スペルはフルで入っていることも珍しくないレベルの有用なカードです。

凍結スペルの多くはバーストであるため、「拒絶」でも防げないのがポイント。


すべてを警戒することは不可能にしても、アタック/ブロックが「不発になるかもしれない」という認識は持っておきましょう。

デマーシア

プリズムバリア
背中合わせ

プリズムバリア(+その他バリア系)

背中合わせ


ジャッジメント

ジャッジメント


デマーシアにはユニット保護に長けたカードが多く、バリア系のスペルは相対する者をおおいに悩ませるでしょう。

特に「フィオラ」を起用したデッキには、ほぼフルで使われていることを想定しましょう。


また「ジャッジメント」による高火力の一掃は逆転の起点となることが多く、決められたくないスペルの最たるものです。

ただし「破滅」の兆候と同じく、”8マナ以上保有+手札が多数ある状態でプレイしない“という分かりやすい挙動になることが多く、対策自体は可能です。

ピルトーヴァー&ゾウン

ミスティックショット
超エキサイティン!

ミスティックショット

超エキサイティン!


ダメージスペルといえば、ピルトーヴァー&ゾウン。

特に「ミスティックショット」の汎用性は高く、間違いなくデッキに組み込まれていると考えましょう。


2ターン目の「ルシアン」や、3ターン目の「ゼド」は真っ先に標的になりやすく、必然的にカウンタースペルを持たない状態で召喚すべきではありません。

アイオニア

拒絶
アイオニアの意志

拒絶

アイオニアの意志


アイオニアにはすべてのスロウ/ファストスペルを阻害可能な最強スペル、「拒絶」があります。

終盤では間違いなく相手の手札に1枚は存在するとみなし、4マナ未満になるまで重要なスペルは発動すべきではないでしょう。


また攻守ともに活用可能な「アイオニアの意志」も地味に強く、コチラがせっせと盛ったバフをたった4コストで剥がすことが出来ます。


アイオニアデッキを相手にする場合、この”4マナ“というのは大きなターニングポイントとなるでしょう。

ノクサス

淘汰
威圧する咆哮

淘汰

威圧する咆哮

ヘルスではなくアタック値でキルを取れる「淘汰」は、主に「ブラウム」「ハイマーディンガー」のようなユニットの天敵です。

ヘルスバフだけでなくアタックバフも盛り込んだデッキでない場合、容易にキルを取られることになるでしょう。


また「ヤスオ」を起用したデッキでは鉄板となる「威圧する咆哮」
レベルアップ状態のスタンをまともに受ければ、ほぼ致死ダメージとなるでしょう。

このスペルに全局面で対抗するのは難しいため、素早い「ヤスオ」の排除が求められます。

まとめ

有利に戦う例
勝利のロジック
  • 基本的にユニット数が多いほど常に有利
  • 守るべき/守るべきでない ユニットを見極めよう
  • スペルは相手のマナ/手札が少ない時ほど有利に発動出来る
  • スペルは緊急時を除き、ターンエンドに近いほど有利に発動出来る
  • 各地域ごとの危険なスペル効果/マナ/発動タイプを覚えよう
  • 相手の動きから、狙っているスペルを読んでいこう

ここから少し進んで、デッキの組み方を模索している方には以下の記事を推奨します。


コメント