MHW

【MHW】高画質&高品質MODまとめ

MHW

デフォルトでも素晴らしいグラフィックのMHWですが、今回紹介するMODではそれを更に向上させます。
美しい世界でハンターライフを楽しみましょう。

スポンサーリンク

High Resolution Texture Pack

High Resolution Texture PackのDLC紹介

まずは基本のDLCで、カプコン公式から出ているHigh Resolution Texture Packが挙がります。
グラボ性能に余裕を持て余している方は是非。

Steamクライアントからダウンロード可能になっています。

Steam:Monster Hunter: World - High Resolution Texture Pack
High Resolution Texture Packによって描かれる、 より美しい「MONSTER HUNTER: WORLD」をお楽しみください。

Low Texture Resolution Workaround

 Low Texture Resolution Workaround 紹介

寄りで見るとボケていたりくっきりしていない微細な部分を、より印象的でリアルにリプレイスするMODです。

適応範囲は多岐に渡り、武器や衣装、プレイヤーやNPCにオトモアイルーまで。
実に広範囲をカバーした素晴らしいMODになっています。

ダウンロード

Low Texture Resolution Workaround



Low Texture Resolution Workaroundの導入方法

通常のリテクスチャMODなどとは異なり、独特のインストール方法を求められます。


まずは、現在アップされている全てのファイルをダウンロードしましょう。

ベースファイルは1.0GBもあるため、結構時間がかかりますね。

 Low Texture Resolution Workaround 導入方法



次に全てのファイルを解凍し、ひとまとめにします。

その後、モンスタハンター:ワールドのゲームフォルダに全てを投げ込みましょう。

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Monster Hunter World



全ファイルを投下すべきゲームフォルダはこの階層です。


それが終わったら、実行ファイルである「 WorldDecompress.exe 」を実行しましょう。

自動的にウィンドウが開かれ、解凍が行われます。


ウィンドウに「Done」という表示が出れば完了です。

先ほど投下した「 WorldDecompress_* 」と名のつくファイルは全て削除してしまって構いません。


以上で導入方法の解説を終わります。

Colorful ReShade

Colorful ReShade紹介

ReShadeという共通ツールへ、コンフィグファイルを配布するカタチでMHWの世界を彩ります。

ReShade自体のインストールと使い方は、別ページで解説していきます。



このコンフィグは色合いが鮮やかになるのが特徴で、デフォルトがToo Washdだったのに対し、かなりVivid寄せに仕上がっています。

青や緑が特に映えますね。

ダウンロード

Colorful ReShade


ViLe’s Visuals (Set 1)

ViLe's Visuals (Set 1)紹介

Reshadeのコンフィグファイル配布型。
かなりシャープエッジが効いているのが特徴的で、劇画感が生み出されています。

荒々しさや、ディテールの精細感を求めたい方向け。

ダウンロード

ViLe’s Visuals (Set 1)


オプション解説



FPSを犠牲に影を強化するオプションが選択出来ます。
好みとPCの具合でどうぞ。

Clear Hunter

Clear Hunter紹介

スモッグのような霧を排除し、より鮮明に画面を変えるのがこのコンフィグファイルです。
Reshadeとしては色合いの変更点が少なめで、オリジナルの雰囲気を保ちたい方にオススメとなりますね。

ダウンロード

Clear Hunter


My Reshade Preset

My Reshade Preset紹介

ファンタジックな情景と、どこか儚げなノスタルジーを感じさせるReshadeプリセットになります。
個人的には最も好みのセッティングでした。

ダウンロード

My Reshade Preset


  1. Gameplay.ini
  2. Screenshot.ini


ふたつの.iniが同梱されており、1.は文字通りゲームプレイ用のセッティング。

2.では上下にレターボックスが追加され、更には強烈なDOFが表示されます。

文字通りスクリーンショットを撮影するには2.を推奨されます。


ただし使用シェーダーが他のReshadeに比べて多めであるため、Gameplay.iniであっても一定のFPS低下は免れません。


幸いにもReshadeにはワンタッチでプリセットを切り替えられる機能が搭載されているので、常用せずに撮影時だけオンにするのが賢そうですね。


いいね!と思ったらシェアをお願いします!
てんぱーれす

コメント