DOA MOD

【DOAXVV】MODの導入方法は?Mod Pack使用法を解説

DOA

DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacationへの、MODの導入方法を解説するページになります。

英語圏サイトでの配布がメインとなる今作ですが、
手順に従えば、MODについて何もわからない、という方でも簡単にMODを使用することが出来るでしょう。


※基本的に日本語圏ユーザーはDMM版を使用していると思うので、その体でお送り致します。

スポンサーリンク

メインファイルのダウンロード

まずDOAXVV All In Two Mod Packと、Helix Modにアクセスします。

ダウンロードページの解説


ダウンロードページの解説2


  1. 3Dfix-DOAX-VenusVacation-2.2.7z
  2. DOAXVV Modpack v10.7z
ダウンロードしたファイル

この二種類のファイルをダウンロードしましょう。

ブロックの解除

ファイル解凍前に、3Dfix-DOAX-VenusVacation-2.2.7zのブロック解除を行います。

右クリックからプロパティ

使用する解凍ツールによっても異なるでしょうが、
おおよそは右クリックからプロパティ選択。


ブロックの解除手順
  1. ブロックの解除
  2. 適用
  3. OK

上記順序でクリックします。

なぜブロックを解除するのか?

環境によっては圧縮ファイルに含まれている.dllファイルが、Windowsに弾かれるため。
このMODに限らず、基本的に.dllファイルを含んだMODやツールは解凍前にブロック解除を推奨。



上記を済ませたら、両ファイルを解凍しましょう。

ゲームフォルダへの統合

ゲームフォルダ階層の図

解凍したフォルダ内の全ファイルを、
DOAX_VV.exeと同じ階層にドロップします。



これで基本的なMOD導入の下準備と、Mod Packに含まれたいくつかのMODが仮導入されました。

環境設定

制作者の方いわく、全ての設定が最高値でないとMODがうまく描画されない可能性があるとのこと。

ただし解像度は4Kである必要はなく、それ以下のものでも動作します。

MODPackに含まれるMOD

Gacha Demist

ガラスの曇り

文字通り、ガチャ画面で曇りの多かったすりガラスをクリアにします。

やや水滴は残るものの、視界が良好になるでしょう。

Skin Texture Replacements

びわ・らんの図

びわ・らん水着を透明にします。

Body MOD

デフォルト状態ではknight77氏のテクスチャを使用した、ボディリプレイスを行います。

別テクスチャに差し替えも可能。

Soft Tanlines

日焼け跡の例

Tanlines=日焼け跡をよりソフトに描画するMODです。

コチラもknight77氏のテクスチャに準拠。


別テクスチャを使う場合、恐らく正しく機能しないと思われます。

9種類の改変水着

Modsフォルダ

Modsフォルダにアクセス。

Costumesフォルダ内
  • あやねの胡蝶藍
  • タオル系
  • アロハ系



ここまでは確定で情報が記載されているものの、他については不明瞭です。

キャラクターと、適合した水着を両方所有している必要があるため、なかなか全確認は厳しそうな予感がします。

ゲーム内の便利な操作キー

F1キー

F1キーの機能

インフォメーションパネルになります。

キーバインドを忘れた時用。

F2キー

F2キーの機能

すべてのMODのON/OFFをワンタッチで切り替えられます。

ゲーム起動時はON状態です。

Shift + F2キー

Shift + F2キーの機能

影の描写を、ON→オリジナル→OFFと切り替えます。

PCのスペック不足で、一時的にメモリ量を減らしたい時向け。

F10キー

全てのMODの再読み込みを行います。

一過性の不具合と思われる症状に遭遇した時向け。

マウスの「戻る」キー

HUD表示/非表示

画面HUDの表示/非表示を切り替えます。

ReShade環境ではゲーム内スクリーンショット機能が反映されないため、外部SS使用には必須の機能とも言えます。

Mod Pack内のMOD取り扱いについて

DISABLEDの意味

大原則として、
ファイル名かフォルダ名にDISABLEDと書かれたものは、
ゲーム内に反映されない仕組みになっています。

よって上記「DISABLED Luna Apache」をゲーム内で反映したい場合は、
DISABLED」を削除して「Luna Apache」とリネームしましょう。

.iniファイルのDISABLED

.iniファイルでも同じです。

ファイル名をよく読めば、
それをゲームに反映した時に、どういう効果をもたらすかは予想可能でしょう。

MODファイルの競合について

仮に同じ部位を、別の機能でそれぞれ書き換えようとしたら?

それらのMODは競合します。


ここでは試しに、あやねの胡蝶藍で透明感に対する二種類の書き換えを指定してみました。

ランチャー画面の警告文

するとランチャー立ち上げ時に、ビープ音と共に警告画面が現れました。

時間経過でこの表示は消えてしまうものの、F10ボタンでMODを再読み込みすれば何度でも見ることは出来ます。

警告:MODが競合してるよ → テクスチャ固有のハッシュ

Mods\Costumes\Ayane Butterfly\Transparency – Moreでなんか起きてるぞ
×
Mods\Costumes\Ayane Butterfly\Transparency – Subtleでなんか起きてるぞ



ランチャー画面で何回もF10キーを押していれば、ファイルパスの階層が判別出来るでしょう。

あとはそこで異常を確認をするだけです。

MODの競合

今回は、共に衣装の透明感を書き換えるMODのために起きた競合でした。
この場合は、どちらかのフォルダ名にDISABLEDを入れましょう。


ファイルパスの指定ミスの場合

.iniファイルで指定ミスがあった場合も、ランチャー画面で警告が出ます。

二重パスの警告文

警告:二重パス

Mods\Skins\kasumi(misaki)\HI-Kasumiでなんか起きてるぞ

画像の警告文はちょっと見切れてしまっていますが、おおよそのファイル階層は特定出来ます。

二重パスらしいので、さっそく.iniを覗きにいきましょう。

競合箇所の発見

原因は、一行しか選択すべきでないファイルパスを、
ふたつ指定していたことでした。



と、このように。

ゲーム起動前のランチャーの時点で、MODの競合や不正パスを知らせてくれるシステムなのです。

これは、控えめに言って神機能


MODが増えると思わぬモノ同士の競合もあるかと思いますが、
慌てずに警告文を見直せば原因はすぐに把握可能になっています。

新しいMODの導入について

多くの場合、「Costumes」か「Skins」フォルダに投下することでゲームに反映されるものが大半です。

Modsフォルダ内の図
無効化のイメージ

ファイルやフォルダ名にDISABLEDが指定されている場合、
それらの意味するところを想像する必要はありますが。



しかし一部の複雑な機能をもったものは、単純にModsフォルダへの追加だけでは正しく反映されません。

その場合、制作者のディスクリプションは必読でしょう。


以下の記事では、更にMODの導入を容易にするインストーラーツールの紹介をしています。
現環境ではほぼ必須の構成と呼んでもいいほど便利なので、ぜひ導入してみてください。




いいね!と思ったらシェアをお願いします!
てんぱーれす

コメント

  1. やきのえ より:

    丁寧に解説して下さったおかげで無事にmodを導入できました。
    ありがとうございます。

  2. HC より:

    最近のアップデートでmodが適用されなくなったのですが、何か対処法はありますでしょうか…?今まで問題なく使えていたのに、急に使えなくなって困っています…!

    • ぱりのすけぱりのすけ より:

      当方では2020/07/22のアップデート以後も、MODは機能している状態ですね。
      各ファイルの入れ直しなど、MOD環境再構築を試してみるのはどうでしょう。

      • HC より:

        mod関係のファイル全部入れ替えてみましたところ、正常に作動しました!アドバイスありがとうございました!